LOG IN

てんかん」という病に出逢ってから③-Ⅵ

by supernova2016

某コンビニでアルバイト

私は某コンビニにアルバイトの挑戦しました。まだ接客業の仕事を経験したことのない私にとって人付き合いが苦手な私にとって大きな挑戦でもありました。

最初は見習いという形からスタートをし、商品棚の整理などを中心に教えてもらっていました。

しかし、厳しかったこともあり、すぐに退職をしてしまいました。接客にたどり着く前に終わってしまいました。



某薬局(ドラッグストア)でのアルバイト

このアルバイトは大学1年後半から大学2年半ばぐらい続きました。夕方から閉店8時ぐらいまで勤務時間で学校の授業が終わってから原付バイクで通っていたのを思い出します。

私の住んでいた場所が田舎だったこともあり、私のバイト先の某ドッラクストアは活気を見せていました。

そして、まだドラックストアチェーンが出だしの頃で客足も好調でした。私はレジやグリーター(当時はそのように呼ばれていました)といって入り口の挨拶係やレジの応援係のような仕事などをしました。

最近はかつての勢いは落ち着てきたように感じ、今ではどこにでも存在する某ドッラクストアになりました。

大きな規模のストアでどちらかというと薬よりも食品の安さに目を奪われてしまうそのような某ストアでしたが、いまではそれが主流(基本形)になっているように思います。(ほとんど薬局というよりはスーパー。)

私はそこでお客様に対して気配りや気働きの大切さを学びました。少しだけ接客業も経験することができました。

そう、このアルバイトには落とし穴があったのです。私の人生の中で…私よりも後に入ったアルバイト生の指導係のようなものをさせて頂き、私はその女の子に恋をしてしまったのです。

しかし、私はフラれてしまいました。以前からもアルバイトに対して不足を抱いていた私はこのことをきっかけに退職してしまったのです。これが事実です。退職理由ただの失恋でした。





supernova2016
OTHER SNAPS