LOG IN

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから③-Ⅰ

by supernova2016

某書店の期間限定アルバイト(1回目)

このアルバイトは私が人生で初めて経験するアルバイトとなりました。内容としては私が当時住んでいた市内の高校に教科書を運び、販売するためのお手伝いをする仕事でした。

各学校の各学年とクラスの人数などを把握してそれに当てはまる教科書を(人数ごとに)分ける仕事をしました。

高校の教科書は有償(自腹)ですが、そのほかにも市内の中学校や小学校にも教科書を渡しに(無償、義務教育のため)出かけたりしました。

私個人としては「高校を卒業するかしないかぐらいではじめ、次の学年の生徒たちが進級するまでに教科書を用意するそのような感じでした。

高校の友人と一緒にアルバイトを行い、それなりに楽しい時間を過ごしたように感じています。

大学ラグビー部入部

私は高校時代何も部活などをしてきませんでした。

それでも、私なりに高校生時代は楽しかったし、高校デビューを果たすこともできたし、人生の中では一番の「モテき」が到来していました。

しかし、高校生活の中盤ごろに差し掛かって(青春を謳歌する)なんだか熱いものに向かっていない自分に気づきました。私は派手なギャルみたいな女性も好きですが、部活に燃える女の子を(同級生)を見てこれではいけない、何か頑張ろうと決意をしました。

結局、高校時代は向かうものがなく終わってしまった形となりました。私は大学を進学すると決めるにあたってこれまで(中学時代に途中で逃げ出した)に経験をした「ラグビー部入部」をして乗り越えたいと思い入部をしました。

結局はすべてはいいわけになりますが2か月足らずで辞めることになりました。

言い訳



supernova2016
OTHER SNAPS