LOG IN

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから④-Ⅶ

レンタカー会社の仕事内容 主な仕事内容としてこのようなものがありました。 営業所の開店準備車の掃除および洗車ガソリンの補充受付お客様との営業および接客車の修理出し営業所間の車の交換得意先に車の派遣など 私は特にこの受付とお客様との関わりが苦手で「君には時間がかかりそうだからさせられない」と言われました。そのこともあり、基本はこのお客様

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから④-Ⅵ

社会人になってからの職業履歴① 私の社会人になってからの職業履歴を紹介します。私の様々な葛藤や仕事についての考え方などをそれぞれの感覚で受け入れてくれたら幸いです。大学の就職活動で内定をいただいた会社にまずは入社を決めました。 某レンタカー会社 入社式というものに参加をしました。そこには私をふくめ20名ちょっとの同期入社社員が顔を揃え

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから④-Ⅴ

映画館で… 学生時代に大学の友人と映画館へ遊びに行くことがありました。私は祖母からもらった軽自動車を運転して友人の家まで迎えに行きました。 そして、当時流行っていた?人気のあった通称「M3」イコール「ミッションインポシブル3」を見たのでした。そこで事件が起こりました。 映画の時間中に発作を起こしていたらしいのです。隣に座っていた友人が言

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから④-Ⅳ

もう一つの内定先 私は某レンタカー会社以外にもう一つの内定先を頂いていました。それは某専門学校の職員という仕事でした。 私は就職活動中に安定していてなおかつ事務的作業のある職業として学校の職員という仕事に興味を抱いていました。 そこで卒業するまではその手の募集があったら目を光らせて探していました。そんなかで得た内定(非正規でしたが)で

ブログ「てんかん」という病に出逢ってから④-Ⅲ

歳を重ねて… 今、この年になって「拾ってもらった」という言葉を振り返ると「大人の言葉」だったなと思い至ってます。 あの頃の私は「挫折の経験」が少なく傷つくのをとても恐れていました。 しかし、実際となれば(今となれば)なんともなかったのです。あの言葉は。 就職活動を通してこの不景気の中、経済不況の中、私のように学力のないものを会社に「拾っ